宅地建物取引士

目次

宅地建物取引士の学校・予備校(専門学校)のおすすめランキング

当サイトの宅地建物取引士試験対策の学校(受験予備校・専門学校)のおすすめランキング!

宅地建物取引士の学校は、①通信教育・独学向きの学校 ②通学講座の学校とに大きく分かれます。それぞれ、宅地建物取引士試験対策の学校(受験予備校・専門学校)の当サイトおすすめランキングを発表します。

 人気集中の講座 

オンライン通信教育の場合、新型コロナウイルスの影響でも、休校等の影響を受けません。

そのため、接触せず自宅学習ができるeラーニング「通信・WEB講座」に注目が集まっています。

時間や場所を問わずスマホやパソコンで受講できるのがeラーニング人気の理由です。

通信・WEB講座専門の学校は、オンラインで受講できるWeb講座が安価に設定されています。

オンラインWeb通信教育・独学向きの学校ランキング

  1. スタディング<宅地建物取引士>
  2. アガルート<宅地建物取引士>
  3. フォーサイト<宅地建物取引士>
  4. クレアール<宅地建物取引士>
ココがおすすめ

スタディング、アガルート、フォーサイトなどの宅地建物取引士講座は通信・WEB講座に特化することで、講座費用が低価格の設定となっております。そのため、仕事で忙しい社会人など独学で勉強する人にもおすすめです。

通学・通信の学校ランキング

  1. LEC<宅地建物取引士>
  2. 資格の学校TAC<宅地建物取引士>
  3. 資格の大原<宅地建物取引士>
  4. 資格スクール大栄<宅地建物取引士>
ココがおすすめ

社会人にもおすすめの宅地建物取引士試験向け朝クラス、昼クラス、夜間クラスの通学講座も開設されています。(学校・校舎によります。)

宅地建物取引士の学校の費用比較

①通信教育・独学向きの学校と②通学講座の学校のそれぞれの受講費用と、受講費用が安くなる裏技をご紹介します。ただし、価格の改定、キャンペーンやセット申込み等により変わる場合がありますので、詳細はパンフレットを入手してご確認ください。

オンラインWeb通信教育・独学向きの学校

通学・通信の学校

裏技-受講費用が安くなる方法

資格の学校TACや大原など大手の受験予備校の受講料の定価は比較的近い設定になっています。(キャンペーンやセット申込み等により変わる場合がありますので、詳細はパンフレットを入手してご確認ください。)

受講費用が安くなる方法を、下記の別ページで解説しています。

宅地建物取引士の学校の比較

宅地建物取引士試験の勉強をするにあたって、学校によりコースに特色が見られます。朝・昼だけでなく社会人向けのコースでは夜間にも授業が行われています。また、教室講座や通信教育などのコースが用意されていますので、自分の生活スタイルにあったコースを比較選択しましょう。

後述の学校紹介ページにてコースの概略を参考に記載していますが、その他にも様々なコースが開講されています。また、同じ学校でも科目により選択できるコースが異なったり変更になることがありますので、最新の情報は各学校・専門学校のパンフレットが資料請求により無料で手に入りますので、ご確認をお願いします。

※ 割引クーポンや入学金免除などのキャンペーン資料は最新のパンフレットに入っています。

パンフレット請求・受講相談・体験受講・割引申込一覧

下記に●●試験の学校の一覧をまとめています。各ページからパンフレットの無料請求受講相談体験受講体験受講等ができます。

期間限定割引等の案内が出ていることがありますので、公式サイトから申し込みましょう!
公式サイトは各リンク先のTOPページでご確認ください。

通信教育・独学におすすめの学校

  1. スタディング<宅地建物取引士>
  2. クレアール<宅地建物取引士>
  3. アガルート<宅地建物取引士>
  4. フォーサイト<宅地建物取引士>

通学におすすめの学校

  1. LEC<宅地建物取引士>
  2. 資格の学校TAC<宅地建物取引士>
  3. 資格の大原<宅地建物取引士>
  4. 資格スクール大栄<宅地建物取引士>

※パンフレットを請求する場合は、期間限定割引情報などが掲載されていることがありますので、必ず最新のパンフレットを入手しましょう。
(追記)キャンペーン期間中は上記からフォーサイト、スタディングのホームページに行き「料金・お申込み」をクリックすると、クーポンが表示・案内されます。クーポンがゲットできる公式ページを必ずご確認ください!

 簿記の学校の公式ホームページ 

“オンラインWeb通信教育”“通学講座”にはそれぞれ特徴があります。

自分に合った学校はどこなのか確認しましょう!

オンラインWeb通信教育専門の学校

宅地建物取引士<オンライン通信教育・独学>

ランキング1位 スタディング

スタディングは、「忙しい方こそ、もっと活躍して頂きたい」という思いから開発されました。(従来「通勤講座」で親しまれていましたが、2018年「スタディング」に名称変更されました。)

スタディングが目指しているのは、世界一「学びやすく、わかりやすく、続けやすい」学習手段になり、受験生の持っている可能性を最大限に引き出すこととされています。

宅地建物取引士<オンライン通信教育・独学>

ランキング2位 クレアール

フォーサイトは通信教育を通じて日本を元気にすることをモットーに「高い合格率」「充実の教材」「納得の低価格」から多くの通信・WEB講座受講生・独学生に選ばれています。

資格試験において高い合格率を実現する通信・WEB講座を提供する株式会社フォーサイトは、株式会社oricon MEが2019年9月2日(月)に発表した「オリコン顧客満足度R調査」の資格試験の複数の講座において、第1位を獲得したことがニュースで報じられました。

宅地建物取引士<オンライン通信教育・独学>

ランキング3位 アガルート

フォーサイトは通信教育を通じて日本を元気にすることをモットーに「高い合格率」「充実の教材」「納得の低価格」から多くの通信・WEB講座受講生・独学生に選ばれています。

資格試験において高い合格率を実現する通信・WEB講座を提供する株式会社フォーサイトは、株式会社oricon MEが2019年9月2日(月)に発表した「オリコン顧客満足度R調査」の資格試験の複数の講座において、第1位を獲得したことがニュースで報じられました。

宅地建物取引士<オンライン通信教育・独学>

ランキング4位 フォーサイト

フォーサイトは通信教育を通じて日本を元気にすることをモットーに「高い合格率」「充実の教材」「納得の低価格」から多くの通信・WEB講座受講生・独学生に選ばれています。

資格試験において高い合格率を実現する通信・WEB講座を提供する株式会社フォーサイトは、株式会社oricon MEが2019年9月2日(月)に発表した「オリコン顧客満足度R調査」の資格試験の複数の講座において、第1位を獲得したことがニュースで報じられました。

通学・通信の学校

宅地建物取引士<通学・通信>

ランキング1位 LEC(東京リーガルマインド)

LEC(東京リーガルマインド)は、法律系を中心に、会計、医療系と様々な通学講座が開講されている受験予備校です。「再受講割引」「LEC他資格受講割引」等、オンラインショップで利用できる、各種割引eクーポンが発行されています。

「累計学習時間」と「他の受講生との比較」の可視化でモチベーションアップを図る機能が追加されました。受講の継続を強力にサポートし、最終ゴール地点の合格へと導きます。

宅地建物取引士<通学・通信>

ランキング2位 資格の学校TAC

資格取得を目標とする専門予備校です。各種国家試験合格を目指しており、講座としては公認会計士・宅地建物取引士・日商宅地建物取引士検定等の会計科目のほか、早稲田セミナーの引継ぎにより法律系科目も含め、幅広く開講されています。

2009年9月1日に、「早稲田セミナー(Wセミナー)」を事業譲受により引き継ぎ、各都市の中心部に拠点校を置いており校舎数も資格の学校としては最大規模となっています。

宅地建物取引士<通学・通信>

ランキング3位 資格の大原

資格の大原は、専門学校のほか、社会人や大学生などを対象にした、資格取得を目的とする講座が多数開講されており、資格取得のためのカリキュラムとして無理なく実力が身につくことで合格を目指す内容となっています。

知識ゼロの初学者コースから受験経験者向けの経験者コースなど幅広く講座が全国各地において開校されています。各検定試験日の数か月前~数週間前から本試験を意識した「答練」が行なわれる直前講座が設けられています。

宅地建物取引士<通学・通信>

ランキング4位 資格スクール大栄

資格スクール大栄は、教育を科学し、「挫折させない」「続けられる」にこだわった受講管理となっています。

資格スクール大栄は、「単に良い講座を提供する」だけでなく、「続けること、続けられること」を講師及びカリキュラム・教材と同様に重要視されています。
単に「ちゃんと通いましょう」という掛け声だけでなく、「科学的論拠に基づいて」受講管理を実践し、「続ける」をナビゲートするよう工夫されています。

宅地建物取引士の資格を活かす就職・転職情報

宅地建物取引士の資格取得後・取得中・取得前に宅地建物取引士の知識を有効に仕事に活かして仕事がしたい方のために、資格が活かせる就職・転職情報をまとめました。

宅地建物取引士の資格を活かす就職・転職情報

宅地建物取引士(宅建士)の資格とは?

宅地建物取引士(宅建士)は不動産に関する法律知識をもって不動産の取引に関わるプロフェッショナルで宅地建物取引業法に基づき定められている国家資格者です。

不動産には様々な法律が関わっているため、その取引では専門的な知識が必要とされます。宅地建物取引士(宅建士)は、宅地又は建物の売買、交換又は貸借の取引など円滑な不動産取引のための重要な役割を担っていて、不動産の取引における重要な場面に必ず登場します。

宅地建物取引士(宅建士)の活躍の場は、近年特に不動産の取引の場だけではなく、他業界でも必要とされるなど、社会的ニーズの高い資格です。

宅地建物取引士(宅建士)試験の学習においては、民法、不動産の利用や取引の制限に関する法令上の制限、不動産に関連する税金についてなど、幅広い知識を身につけることができます。そのため、不動産業界ばかりでなく、多くの分野でその知識を活かすことができます。

宅地建物取引士(宅建士)の知識は様々な場面で求められています!


合格者の内訳は必ずしも不動産業に携わっている人ばかりではありません。不動産業以外の人が合格者のうちに約70%を占めています。最近では、マンション管理士・管理業務主任者・不動産鑑定士司法書士ファイナンシャル・プランナーなど他資格へステップアップするための第一歩として、就職活動の武器として宅建士試験合格を目指す人が多いのです。

宅地建物取引士(宅建士)試験について

1.受験資格

特になし。
宅地建物取引業に従事している方で、国土交通大臣から登録を受けた機関が実施する講習を受け、修了した人に対して試験科目の一部(例年5問)を免除する「登録講習」制度があります。

  • 登録講習制度とは
    登録講習制度とは、国土交通大臣の登録を受けた講習実施機関が、宅建業に従事している方に対し、その業務の適正化ならびに資質向上を図るために必要な基礎的知識の習得を目的として実施する講習です。
    登録講習を受講し、講習内で実施する修了試験に合格した登録講習修了者は、修了者証明書交付日から3年以内に実施される宅建士試験において、一部科目が免除となります。
    免除科目は「その他関連知識」という科目の一部で、例年問46~50で出題される5問です。「5問免除」は宅建士試験合格へ大きなアドバンテージとなります。

2.試験実施機関

(一財)不動産適正取引推進機構

3.試験日

毎年1回 例年10月第3日曜日に実施

4.試験時間

13:00~15:00(2時間)

5.受験地

全国で開催。住所を有する都道府県での受験が原則。

6.受験申込

  • 受験料 7,000円
  • 申込期間
    • 郵送:例年7月上旬~下旬
    • インターネット:例年7月上旬~7月下旬

7.試験方法

  • 方法:4肢択一式の筆記試験(マークシート方式)
  • 出題数:50問(登録講習修了者は45問)

8.試験科目

・民法 ・借地借家法 ・区分所有法 ・宅建業法 ・建築基準法 ・税金
・不動産登記法 ・都市計画法 ・国土利用計画法 ・農地法 ・鑑定評価

9.試験内容

  1. 民法等:14問
  2. 宅建業法:20問
  3. 法令上の制限:8問
  4. その他の関連知識:8問 ※登録講習制度参照

10.合格基準

35問/50問(合格率15%前後)
※宅建士試験に合格するには年によって変わります。
※宅地建物取引業に関する実用的な知識を有するかどうかを判定することに基準が置かれています。
※宅地建物取引士(宅建士)証を手に入れるには、試験に合格し、宅地建物取引士(宅建士)登録を経て、宅地建物取引士(宅建士)証の交付申請の手続きが必要です。

試験科目ガイド

昭和63年度から一般財団法人不動産適正取引推進機構が、国土交通大臣より指定試験機関として指定を受け、各都道府県知事の委任のもとに実施しています。

民法等

不動産を購入する際などに交わす「契約書」に記載されているトラブルが起こった場合の対処法や、トラブルを未然に防ぐための約束事を定めた法律です。特に「不動産の取引」に関係した部分から出題されます。

宅建業法

お客さんに不利益が生じないように、宅建業者や宅地建物取引士(宅建士)の仕事上のルールを定めています。業者はもちろんのこと、みなさんがマンションなどの賃貸借や売買をする際にも「宅建業法」の知識が大きな味方となります。

法令上の制限

「住み良い街づくり」「安全な家づくり」をしていくためのルールを定めた法律です。あまり馴染みがないかもしれませんが、学習していくと自分の住んでいる街を見る目が変わるはずです。

その他の関連知識

不動産購入の際にかかる税金制度のことや、土地・建物の安全性や耐久性といった不動産にまつわるさまざまな知識を学習します。
この分野の学習では「こういう意味があったのか!」と納得できる場面がきっと訪れます。

宅地建物取引士の勉強方法

宅建士試験に挑戦しょう!と思ったタイミングを逃さないようにしましょう。1年で受かるんだという気持ちが大切です。初めから数年計画を立てると、合格からますます遠のいてしまいます。やろうと思ったときが勉強のチャンスです。宅地建物取引士の勉強方法としては、学校に通う場合は、通学スタイル・通信スタイルを選ぶことになります。

また、独学で勉強したいという人も多くいることでしょう。
それぞれのポイントについてみていきます。

宅地建物取引士の学校に通うメリット

宅地建物取引士の受験者は毎年20万人程度となっています。特に、法律系の勉強の登竜門としてや、それほど難易度も高くないことから、挑戦する受験者は毎年増加傾向です。

多くの受験生の中から合格を勝ち取るために学校は的を絞った効率的な学習と指導を行っており、宅建の学校に通う最大のメリットです。例えば次のような点で学校を利用することがポイントとなります。

出題傾向の徹底分析

宅建士試験は、50問中35問前後の正解で合格が狙えます。

宅建試合格のために必要なことは、「みんなができる問題を確実に得点すること」です。そのためには、効率的かつ継続的な勉強を淡々とこなすことが求められます。

限られた勉強時間の中で、短期間で合格するためには試験範囲すべてを学習するのではなく、過去の出題傾向を分析し、重要論点を中心に学習を進めることが効率的な学習方法となります。
そのため、宅建の学校では過去の出題傾向を徹底分析して効率的な講義が行われています。

宅建の基礎知識をインプット

宅建合格に必要な論点を効率よく勉強するカリキュラム、テキストにより宅建の基礎知識を吸収できます。弱点補強や問題解放プロセスの習得を図ることでインプットを確かなものにすることができます。

学校ならではの通学又は映像によるインプットは独学で本を読むのとは違います。
タブレットやスマホでも勉強できるため自分のライフスタイルに合わせた自由度の高いスケジュールで理解をすすめることができます。

アウトプットで理解度アップ

独学の難しさは、アウトプットにあるといっても過言ではありません。宅建の学校に通うと勉強スタート時期からインプットに加え、アウトプットトレーニングが行われます。毎回の講義が始まる前のミニテストのために前回の講義の復習をするという癖をつけられることも学校に通う大きなメリットです。
アウトプットを繰り返すことで、常に自分の理解度のチェックをし、理解度をアップさせることができるのです。

法改正に対応

宅建士試験は法律が中心の試験になりますので、法改正に対応することが必要です。大手の宅建の学校で使用するテキストは常に法改正を反映したうえで提供されています。法改正は毎年行われるため、市販の教材では法改正に対応していない可能性があります。さらに、問題集や模試にも法改正が対応した問題が用意されています。
※市販のテキストに「最新」と書いてあることがありますが、試験直前の改正まで出題範囲です。

宅建業法

基本的な知識の習得はそこまで困難ではありませんが、ひっかけ問題に要注意です。学校では、原則規定と例外規定をしっかり押さえ、問題を数多く解くことで確かな実力を身につけることでひっかけ問題にひっかかりにくくします。

権利関係

問題文が独特で不慣れな法律用語が多く登場し手こずりやすい科目です。

学校では出題内容を整理するために図式化する方法を指導し、簡単な問題から先に攻略するなど試験時間を有効に使う技術が身に付きます。

法令上の制限・税その他

普段の生活では聞きなれない用語や覚えるべき数字が多く登場し、苦手とする人が多い科目です。学校では、難解な用語を攻略するために多くの問題を解くことで得点源にすることを目指します。

講師

法律は初学者にはかなりとっつきにくい分野です。初学者でもわかりすく経験豊富な講師との出会いが法律の理解へとつながります。

テキスト

大手学校では、毎年改訂された最新情報が掲載されたテキストや問題集が手に入ります。法改正は毎年行われるだけでなく、そこが試験の合否を分かれ道になることもおおいものです。

法改正を網羅した直前対策で最新の出題範囲をしっかり学習できます。

フォローサポート

振替出席やWebフォローなど欠席時や理解が不十分な時のフォローが充実しているのも大手学校のメリットです。

モチベーション維持

法律を始めて学習する人にとってモチベーションを維持し続けることは大変難しいものです。難解な法律用語や考え方に戸惑ったときに直接質問・相談できる講師がいると心強いものです。

独学による宅建の勉強方法

宅建の試験は独学による勉強方法では近年難しくなってきていると言われています。特に、宅地建物取引主任者から宅地建物取引士と士業の一つとなったことで益々注目されている資格です。

法改正は必ずといっていいほど毎年あり、簿記などの他の資格のように過去問を押さえておけばよいというレベルではありません。(税理士試験や司法書士試験など法律に関する試験はほとんど過去問対策のみでは合格は難しい。)

また、市販の教材もありますが、法改正分は通常反映されていません。
さらに、宅建士試験の試験傾向などは市販の教材から自分で判断するのは難しいでしょう。

独学の勉強方法で合格する方法

上記の通り、宅建士試験は独学の勉強方法では苦戦を強いられそうですが、それでも合格する方法があります。

独学で勉強したい人におすすめなのは、大手専門学校を部分的にでも利用することです。
独学による宅建士試験の勉強を考えている人の大部分は通学時間と受講費用の問題です。
それらを解決できるのが、通信教育講座に特化した「クレアール」「スタディング」「アガルート」「フォーサイト」のテキスト・映像を利用することです。最新の試験範囲が網羅できているばかりでなく、宅建の勉強における重要度別強弱や勉強のペース配分などがわかります。しかも、教室や講師をたくさん抱えていない分受講費用が、かなり抑えられています。

独学におすすめのテキスト

宅建士試験は市販のテキストでは対応が難しいですが、中には販売されているものもあります。

しかし、新試験範囲に未対応のものが平然と売られていたりしますので、注意が必要です。
やはり、大手の最新のテキスト類を入手することがおすすめです。

独学におすすめの答練

宅建士試験対応の市販テキストで独学で勉強している人は問題演習量が通学生に比べて低い傾向にあります。また、模擬試験などの答練を受けていないため、合格ラインにあるかどうかの判断もできません。

ただし、大手の学校は試験直前期の模擬試験などの答練のみを受講する方法もありますので、ぜひ検討してみましょう。周りに知らない人がいる中で本試験スタイルで受講することは試験中の緊張感を事前に体感することにもなるためおすすめです。

人気急上昇中の通信教育

1.【スタディング】:スキマ時間の有効利用

通勤・通学の隙間時間を有効利用するために作られた宅建講座。
月々の分割払いでの受講ができ、通勤時間などのスキマ時間にスマホでも宅建士の試験勉強ができるのがスタディングの人気のポイント!

2.【クレアール宅建士講座】:大幅値引き中!

50年の歴史がある老舗の学校。期間限定で他校の費用を圧倒的に下回る宅建講座の受講費用となっています。

3.【アガルート】:講義とテキストのクオリティ

講義のわかりやすさ・見やすさに工夫がされています。テキストは、フルカラーテキストで出題傾向・実績に即したもので構成されています。

その他宅地建物取引士試験に関する情報

宅地建物取引士が必要とされる理由や宅地建物取引士の具体的な業務についてはこちらです。

宅地建物取引士が必要とされる理由

住宅・不動産業、一般企業等で宅地建物取引士が必要とされるには理由があります。
それぞれ具体的に見ていきます。

住宅・不動産業において宅地建物取引士(宅建士)は必須資格!

不動産には法令上の制限や、民法をはじめとするさまざまな法律が関係しています。これらの住宅・不動産に関する法律知識を身につけた宅地建物取引士(宅建士)として顧客に接することで、大切な財産である不動産の取引において、顧客からの信頼を得ることができます。

また、その取引の最終ゴールである契約についても宅地建物取引士(宅建士)として関わりますので、知識と仕事が結びつくことで達成感を味わうことができるでしょう。

金融機関において宅地建物取引士(宅建士)は必須資格!

金融機関は不動産などを担保に融資を行います。つまり、「お金」と「不動産」は密接な関係にあります。

そのため、担保物件の価格の査定や抵当権設定など、融資業務に不動産知識は欠かせません。

また、不動産の証券化・不動産投資など、最近は不動産が金融商品として取り扱われるなど、金融機関と不動産は密接な関係にあるため、金融業界においても宅建資格のニーズは高いと言えます。

一般企業において宅地建物取引士(宅建士)は有用な資格!

不動産は企業にとって重要な資産であり、鉄道会社・商社・百貨店等の企業は土地を利用して不動産事業を行うこともあります。

また、企業は業種や業務内容ごとに事業用地として不動産を必要としています。例えば、事務所・社宅の賃貸借契約、経営戦略として店舗の立地など…宅建資格の知識はあらゆる場面で必要です。

したがって、一般企業においても宅建士試験の知識は非常に有効です。

社会的にも日常的にも宅地建物取引士(宅建士)は有用な資格!

宅建士試験で学習する内容には社会生活をしていく上でのさまざまなルールが含まれています。民法では人と人との取り決めや約束事について勉強しますので、不動産に関連したトラブル処理だけでなく、日常生活で発生したトラブル(商品購入の際の支払いや解約トラブル、保証人制度等)に対応できる知識が身に付きます。マイホームを購入する際においてトラブルなく土地を取得することにも役に立ちます。

また、法律系資格の登竜門として、宅建士試験の学習で身につけた知識を活かし、他の法律系資格へのステップアップとすることもできます。税理士・行政書士、司法書士、ファイナンシャルプランナーとして独立開業している人の中にも、最初に行政書士や宅建から学び始めたという方も多くいます。

宅地建物取引士(宅建士)の設置義務

宅地建物取引士(宅建士)は、「宅地建物取引業者(宅建業者)の事務所ごとに、従業員5人に1人以上の割合で専任の宅地建物取引士(宅建士)を設置しなければならない」という法律のもと、その業務を遂行しています。不動産取引の重要な役割を担うのですから、どの事務所にも一定数の宅地建物取引士(宅建士)がいなければならない、というわけです。

登録実務講習(宅建士試験合格者で実務経験2年未満の方対象)

登録実務講習は、宅建士試験合格者で宅建業の実務経験が2年に満たない方が資格登録をする場合、この講習を受講・終了することにより「2年以上の実務経験を有する者と同等以上の能力を有する者」と認められ、宅地建物取引業法第18条第1項に規定する宅地建物取引士(宅建士)資格の登録要件を満たすことができる、というものです。

宅地建物取引士(宅建士)証交付手続き

登録の消除を受けない限り、宅地建物取引士(宅建士)登録は一生有効です。しかし、宅地建物取引士証の交付を受ける際に、試験合格後1年を経過した場合には「法定講習」を受講する必要があるため、合格してから1年以内に宅地建物取引士(宅建士)証交付の手続きをするのがおすすめです。

宅地建物取引士(宅建士)の3つの独占業務

  1. 物件に関する重要事項の説明(独占業務)
    アパート・マンションを借りる際や、マイホームを購入する際の契約前に、必ずその物件に関する重要な情報を買主(借主)に説明しなければなりません。
    「重要事項の説明」を宅地建物取引士は不動産の売買契約等を締結する前に取引の相手方に対して行います。
    ※重要事項とは、例えば、物件の所在地や売主(貸主)、土地・建物用途やその制限、電気・ガス・水道の整備状況等を指します。
  2. 重要事項説明書への記名・押印(独占業務)
    重要事項の説明にあわせて、重要事項の内容が記載された「重要事項説明書」に記名・押印をし、交付します。この記名・押印は説明の内容について宅地建物取引士がしっかり責任を持つということを意味します。
  3. 契約書への記名・押印(独占業務)
    重要事項の説明で、その内容に納得すれば、契約です。宅地建物取引士(宅建士)は契約書の内容に間違いがないかどうか確認をして、その証明として記名・押印をします。

宅地建物取引業者

宅地建物取引士(宅建士)の設置業務を負っているのは、宅地建物取引業者です。宅地建物取引士(宅建士)が最も必要とされ、活躍しているフィールドであるからこそ設置業務があるともいえます。宅地建物取引業者の業務は次の3つとなります。

宅地建物取引業者の業務

  1. 不動産の売買・交換を自分で行うこと
    自分の所有する土地を分譲販売する不動産会社や、大規模なマンションを建設し、直接顧客に販売するマンション業者などがあてはまります。
  2. 不動産の売買・交換を代理・媒介すること
    マンションなどの不動産の所有者からその売却を依頼された不動産会社があてはまります。売主は、不動産会社を通してお客さんを探してもらい、契約を交わすことになるのです。媒介は一般的に「仲介」と呼ばれています。
  3. 不動産の賃貸借を代理・媒介すること
    アパート・マンションを管理する「大家さん」から、空部屋の借り手を探すよう依頼された不動産会社があてはまります。不動産会社は、そうして集められた物件情報の中から、顧客に見合った物件を紹介していき、貸し手側の「大家さん」と借り手側の「顧客」との「仲介」をします。

宅地建物取引士の学校の評判・口コミ

通学の学校・予備校(専門学校)の開講場所

社会人や学生におすすめの通学の学校の校舎一覧です。

宅地建物取引士の資格を活かす就職・転職情報

宅地建物取引士の資格を有効に仕事に活かす仕事がしたい方のために、宅地建物取引士の資格が活かせる就職・転職情報をまとめました。

宅地建物取引士の資格を活かす就職・転職情報

パンフレット請求・受講相談・体験受講・割引申込一覧

下記に●●試験の学校の一覧をまとめています。各ページからパンフレットの無料請求受講相談体験受講体験受講等ができます。

期間限定割引等の案内が出ていることがありますので、公式サイトから申し込みましょう!
公式サイトは各リンク先のTOPページでご確認ください。

通信教育・独学におすすめの学校

  1. スタディング<宅地建物取引士>
  2. クレアール<宅地建物取引士>
  3. アガルート<宅地建物取引士>
  4. フォーサイト<宅地建物取引士>

通学におすすめの学校

  1. LEC<宅地建物取引士>
  2. 資格の学校TAC<宅地建物取引士>
  3. 資格の大原<宅地建物取引士>
  4. 資格スクール大栄<宅地建物取引士>

※パンフレットを請求する場合は、期間限定割引情報などが掲載されていることがありますので、必ず最新のパンフレットを入手しましょう。
(追記)キャンペーン期間中は上記からフォーサイト、スタディングのホームページに行き「料金・お申込み」をクリックすると、クーポンが表示・案内されます。クーポンがゲットできる公式ページを必ずご確認ください!

資格オンラインについて

「資格オンライン」のサイトをご覧いただきありがとうございます。難関試験といわれる士業の資格取得までの勉強の経験、独立開業に至るまでの経験などを踏まえて資格試験の情報を提供しています。 「資格試験サイト」をご覧の皆様から、就職・転職の情報をサポートしてほしいとの要望が多く、「就職・転職情報」の関連サイト運営もしております。詳細は、「就職・転職サイト」をご覧ください。 当サイトをご覧になられた皆様の試験に合格し、希望の仕事が見つかりますことを心よりお祈り申し上げます。

 

学校の選び方

2021年(令和3年)・2022年(令和4年)合格目標コースが登場!
自分にあったベストスクールを見つけることが資格試験合格への近道です。おすすめの学校の情報を比較し、評判・人気をチェックしましょう!
費用を安く抑えるために独学による資格取得を目指している人は、オンライン通信専門スクール「アガルート」「スタディング」「フォーサイト」「クレアール」「資格スクエア」がおすすめです。

 

学校の選び方独学におすすめのテキストと勉強方法

通学する時間や費用に問題がある人におすすめの独学による勉強方法は、「アガルート」「スタディング」「フォーサイト」「クレアール」「資格スクエア」の利用です。オンライン通信講座に特化することで他校に圧倒的な差をつけた価格設定になっています。また、テキストだけでなく、パソコンやスマホなどでWeb講義も見られますので、他の独学生に差をつけられる勉強方法になります。

 

新型コロナウイルスによる影響

2020年4月8日以降の緊急事態宣言を受け、一時期各資格試験が延期・中止となり、4~6月の試験が概ね8月以降に延期となりました。その後の各資格試験は徐々に通常通りの実施となってきました。

試験が延期等になったことは勉強を頑張ってきた受験生にとって非常に残念なことではありますが、勉強時間が増えたことを前向きに考えるほかありません。

2021年の資格試験については、概ね通常に戻っていますが、各資格試験に関する各団体の受験案内・ホームページ等で日程のご確認をお願いいたします。

一日も早く新型コロナウイルスが終息することをお祈り申し上げます。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる